入校までの流れ
FAQ
質問フォーム
見学の御申込み
入校の御申込み

 

 


質問01
札幌コンセルヴァトワールとは?
質問02
どのような楽器・どのようなジャンルが習えますか?
質問03
お月謝はどれくらいかかるのですか?
質問04
担当の先生と合わなかったらどうしましょう?
質問05
初心者なのですが大丈夫でしょうか?
質問06
音大に進みたいのですが、対策はして頂けますか?
質問07
趣味でやろうと思うのですが。



質問01
札幌コンセルヴァトワールとは?
お答え


札幌コンセルヴァトワール(旧名称:
札幌ピアノ音楽院)は、院長である宮澤 功行(みやざわ のりゆき)が北海道でのクラシック音楽の発展と定着を願って設立した40年以上の歴史ある音楽院です。

コンセルヴァトワールとはフランス語で「音楽学校」という意味で、ヨーロッパには数多くの「コンセルヴァトワール」が存在します。

皆様に心からクラシック音楽を楽しんで頂きたい音楽を通じて皆様の人生を少しでも豊かにするお手伝いをさせて頂きたい、本校スタッフはその様に思いながら日々指導に当たっております。

今まで数多くの生徒さんが、当校で色々な楽器を学ばれました。趣味で続けている方々や、プロとして立派にご活躍されている方々まで様々です。

今までもこれからも日本の世界の、そして生徒さんにとっての「オンリーワン」であり続けたいと考えております。



質問02
どのような楽器・どのようなジャンルが習えますか?
お答え


 当校では現在、ピアノを始めヴァイオリン・チェロ・フルート・室内楽・声楽・聴音・ソルフェージュ、リトミックなどの授業を行っています。

 なお、聴音・ソルフェージュ以外はすべて先生と生徒さんの1対1の個人レッスンですので、グループレッスンにはない、一人一人への丁寧な指導が行われております。

大事なコンクールの本番前には、当校では生徒さん1人に2人以上の先生がつく場合がよくあります。チームによって生徒さんが奏でる音楽の価値
を最大化できることが、当校の強さの秘密なのです。



質問03
お月謝はどれくらいかかるのですか?
お答え


当校は、お月謝が高いのではないか、といった誤った情報が広まっておりますが、決してそのようなことはございません。

お月謝の詳細は公式ブログをご覧下さい。

手頃なお月謝は生徒さんの上達の為に長く続けて頂くために必須の条件と考えております。

ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。



質問04
担当の先生と合わなかったらどうしましょう?
お答え


担当講師は変更可能です。

当校には約20名の講師がおります。入会の際には希望の先生のタイプ等をお聞きして、一人一人に最も相性のよい講師を紹介しております。

途中から講師変更の希望が出た場合にはお気軽に本校までお伝え下さい



質問05
初心者なのですが大丈夫でしょうか?
お答え

 はい、大丈夫です。当校に通われているほとんどの生徒さんが、最初は初心者からのスタートでした。しかし、先生の1対1の親切丁寧な指導や、宮澤メソッドとも呼ばれる当校独自の教育方法により、現在では皆さん驚くほど上達されています。


質問06
音大に進みたいのですが、対策はして頂けますか?
お答え

 もちろんです。当校には音大に進学を希望される生徒さんも多く在籍しています。その為、毎年夏・冬休みには夏期・冬期講習などを設けて、受験対策をいたしております。その結果、 当校から毎年沢山の生徒さんが音大へ進学されております。卒業生達の進路や音楽家として活躍している卒業生の情報是非ご覧になってみて下さい。


質問07
趣味でやろうと思うのですが。
お答え

 当校に通われている90%以上の方は、純粋に趣味として音楽を楽しんでいらっしゃる方々です。幼少期に当校で学ばれその後違う分野へと進路を選んだ方や、社会人になってから始められる方など様々です。音楽は脳の活性化につながると言われておりますが、当校で学ばれた方々の中にはその後、東京大学・慶應義塾大学・早稲田大学・北海道大学・札幌医科大学等に一般の大学に進学された方もたくさんおります。皆様に音楽を一生の趣味として楽しんでいただけることが、当校の願いなのです。